カナダてくてく日記

4歳の息子とふたり、カナダに行った話。帰ってきてます。

カナダで銀行口座(3)

なかなか更新出来なくてすみません、

カナダは家庭にWiFiあっても繋ぎ放題じゃないし、公共スペースのWiFiもあんまり電波よくなく、まあとりあえずネットに関しては非常に苛立ちます…

 

銀行口座。

 

前回は、カウンターのお姉さんに、1時にここに戻ってきてね。って言われたとこまで書きました。

 

しかし、渡された用紙に印字された日時が、即日ではない。

手続きできるのかなあ…

 

 

1時5分前に銀行到着、カウンターで係員さんに声をかける。

またもやお姉さんだが違う人だった。

「口座作る手続きに来たんですど」

と言いながら、もらったコンサルテーション予約シートを渡す。

 

しかし、

「これ、今日なの?別の日になってるけど」

 

やっぱりー!

 

しかしここで引き下がるわけにいかないので、

 

「でも12時に、ここで別のスタッフさんに、1時にもう一回来るように言われた。」と2回くらい言うと、

首をかしげながら、

「ちょっと待っててね。」と調べに行ってくれました。

 

その後、別の人から、

ソファに座って10分くらい待ってて、と言われ、緊張しながら待つ。

やっぱり無理なんじゃないか、ダメって言われたらどうしよう…

 

15分くらいしてからコーヒー片手にポロシャツにスラックス、ヒゲをたくわえたおっちゃん(いやいや、ナイスガイです)がやってきて、

「マダム、お待たせー、ちょっとこっち来てくれる?」

とにこやかに話しかけてくれた。

 

日本の銀行でもあるような、コンサルテーションルーム(日本のより大分広いけど)に通されて、

「じゃあ、書類見せてくれる?クレジットカードある?学校行ってる?留学?日本から来たんだー、カードこれ?ID見せて。オッケー、perfect.

モントリオールどう?」

と終始にこやかな感じで進み、

無事に口座が出来ました、

バイ、嬉し過ぎて泣きたい。

 

「US(アメリカ)の口座要る?」と聞かれ、

「うーん…後日でも作れますか?」

「作れるよ」

「じゃあ、今日はいいです」

作っておいたほうが便利なのだろうけど、管理が面倒くさいかなと思ってやめておきました。

 

カナダとアメリカは、国土がくっつき合ってるが故に、必然的になにかと行き来が多くなるので、こういうこともできるのでしょうね。アメリカにも支店あるんだね、きっと。飛行機だって、アメリカーカナダは国内線扱いだし。

 

最後に、もろもろ注意事項を聞いて(全部は理解できなかったけど)

「これで、このカードが使えるようになったよ」と

キャッシュカードを受け取りました。

おおお。やったーー。

 

これ、僕の名刺ね、とナイスガイはさらっと名刺を渡してくれました。

 

「ありがとう、ほんとにありがとう」とお礼を言うと

どういたしまして、またね~ (^^)/ と笑顔で言われ、

銀行を出ました。

 

ああ、精神的疲労がすごかった分、達成感がすごい、

よかったああ。

あとはこのカードが使いこなせるかどうかが問題だけど…。

 

つづく(かもしれない)。